学校と塾はどこが違うのか

学校と塾では目的が違います。 したがって行われているテストももちろん異なっているのです。 一部の学習塾では学校のテストの点数を取るために、テストで使うような内容を説明し、テストで点を取れるように授業を行っているのですが、 ほとんどの学習塾は学習という名の下に受験勉強に準拠した問題集を用いています。

このため、受験勉強で、学ぶような内容に合わせた説明になっていて、学問を深く根元から理解するような勉強からやや遠ざかってしまいます。 このため、学習塾を利用する時には学校で目指しているような学問を根元から理解するのに必要な内容を勉強しているというわけではないのです。 そのため、塾を上手に利用するにはあらかじめ保護者の方がしっかりと準備をしておく事が必要になります。

塾の特性が受験である事を理解した上で、あらかじめ塾を利用するタイミングでしっかりと保護者の目的を伝えておく事が大切です。 目的を明確に伝える事で、受験用の勉強一辺倒な内容でなく、講師の方がしっかりと定期テストに重きをおく事ができます。 お互いに工夫をする事で授業の質を高めるきっかけにもなるので、塾を上手に利用し、生徒にとっても保護者にとっても有益な塾活用をおこないましょう。