学校と塾の目的

学校と塾とは実はかなり設立の目的が異なっています。 多くの保護者の方は中学受験や高校受験の時に学校の進学率を気にしてしまい、中学高校を進学させるための予備校のように捉えてしまいながら選んでいます。 しかし、この姿勢がそもそも間違えているのです。

学校で教えていることは決して受験に直結するような勉強ではありません。多くの学校ではどのようにその学問に触れるのか、どのように授業で教わる学問の体系理解をするのかを目指して授業を行っています。 そのため、毎回毎回のテスト自体が受験での成績を目指してい模擬試験等と目的が全く異なっているのです。 一方塾ではテストでの点数を主眼に勉強お教えていて、いかにテストで点数を取るのかを考えながら授業を進めています。

そのため、授業中で行われている内容はテストの点に直結するような内容に絞られていて、受験で学ぶべき要点に的を絞った授業を行っています。 このため、受験で行われる内容に関しての説明や問題演習を行うことはもちろんできているのですが、このほかの分野は弱くなってしまいます。 塾を利用して勉強に生かすには、このような受験に的を絞っているという点を理解する事が絶対に必要なのです。


≪Recommend Site≫
実績豊富な教師陣がそろっているのはこちらのサイトになります→家庭教師 実績